☆園芸記録☆

2017年10月 1日 (日)

ようやく小畑を・・・

 我が家の"小畑"・・・、年に一回(9月の予定)耕すようにしているのだが、なかなか気力が出なくて10月1日にズレこんでしまった。昨日と今日の二日がかりでようやく出来上がった。
Img_7888gimp Img_7889gimp Img_7891gimp  手順は、スコップで掘り起こして草を根こそぎこまめに取り除く・・・、石灰を散布・・・、完熟牛糞を散布・・・、全面的に電気カルチベータで撹拌する(左写真)・・・、畝を作る(中写真)・・・、"ネギ"と"ニラ"は、耕す前に掘り起こしておいたものを再度植え付ける(右写真)・・・と、ここまでの作業である。とにかく終わってほっとした。あとはHCから適当に苗を買ってきて植えるだけである。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村   

[追加10/2]
 ネギは、一週間くらい前に根っこから切ったのであるが、もう5〜6cmの長さのものが出ている。もともと細ネギであるが、切断を繰り返すと、細ネギが徐々におおきくなり太ネギになってしまうのである。球根ごと掘り起こして分球して再度植え付けると細いネギが出てくるようである。
 ニラは、ニラ坊主?(ネギ坊主みたいなもの)が出ているが、切断するべきか?このままでいいか?・・・、しばらく様子を見てから切るかどうか判断しよう。
[追加10/6]
Img_7892gimp  雨で土が流れて通路に落ちてこないように波板を立ててみた。車庫の屋根の波板を以前交換したので、廃物利用だ。昨夜はかなりの雨だったが、雨が降る前に完了して一安心である。


[追加10/8] ニラは、根付いたようであるので、試験的に3本を根っこから切断した。また出てくるか?である。通路に、防草シートを敷いた。白菜(白芯)2、レッドキャベツ2、サニーレタス6、すずなりブロッコリー2を植えつけた。
[追加10/11] 切ったニラは、すぐに伸び始めたようである。長いニラを望んでいるのだが、我が家のニラは、短いようである。
[追加10/12] 水菜・小松菜・ミニ大根の種まき、水やり、新聞紙

2017年7月31日 (月)

巨峰を覗いてみた!

Img_7833gimp Img_7834gimp 「巨峰がどのくらい熟れているか?」久し振りに覗いてみた。
新聞紙を外してみると、2つはちょっと"薄い色"がついているが他は"緑色"のままである。

Img_7835gimp 別の房を新聞紙を外して見てみると、ぎゃぁ〜、蟻が・・・
すぐに根元から切って、処分した。
これで5房が4房に減ってしまった(悲)。
どこまで減るだろう?

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村
[追加]
Img_7840gimp 8月8日少し色付いてきたようだが、個体差が大きい。
別の2房はもっと緑っぽい感じである。



Img_7847gimp 8月19日あまり変わらないようだ。
この調子では収穫は9月になるかも?
(8/8の写真とは、逆方向から撮影)


[追加]
Img_7857gimp Img_7858gimp 8月29日つまみ食いした房(左写真)は、残り2粒に・・・。
そのとなりの房(左写真)は、何とか色付いているが・・・。

残りの2房(右写真)は、緑が多すぎる。
ネットの説明では、間引きした方が良いとある。
ツルが四方八方に順調に伸びているのが嬉しい。
来年は、間引きすることにしよう!

[追加]
Img_7874gimp 9月18日
台風18号のためにぶどう棚の波板を外していた。残りわずか2房の巨峰は、紙袋を外して台風を迎えた。あまり風が強くなかったけど、風で房が外れることなく残っていてくれた。
 今日、波板を取り付けた。もうこれ以上我慢できないので、2房を切り取るこImg_7873gimp とにした。"粒"により熟れているのと熟れていないのがあるのが不思議であるというか納得行かない気がする。
 一方、葉に気持ちの悪い虫がついていた。二匹見つけて葉毎切り取って捨てたが、まだ他にもいるかも知れない。
 今年はいろいろと勉強になったが、あとは来年の楽しみである。

2017年7月11日 (火)

ブルーベリーの初収穫

Img_7807gimp 一応受粉を考慮してのことであるが、"ブルーベリー"をお隣さんとのフェンス越しにそれぞれ植えている。
ほとんど記憶にないのだが、もう5、6年以上は育ててきたような気がする。
去年までは数粒の収穫であったが、今年は我が家もお隣さんも"数十粒"がたわわに実ってくれた。
以前施肥をしたような気もするし、してないような気もする。
鳥に食われないように両方共ネットを被せている(写真)。
Img_7808gimp 熟したものだけを収穫してみたが、非常に頼もしい初収穫であった(写真)。
最後に何か虫に手を噛まれたのか?途中で急激に右手が「ヒリヒリ・・・ビリビリ・・・」、虫の姿は見当たらない、まぁいいか・・・。
あとで、右手も左手も部分的に腫れ上がってきたが気にしない。
初収穫だから、家内と二人で均等に分けて、そのまま食べることにした。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村   

2017年5月31日 (水)

ちゃちな「ぶどう棚」を作成

Img_7726gimp Img_7727gimp 「車庫が北側にあり、周辺がコンクリートなので"ぶどう"を植える場所がなかったので、そのうちにいつか作ろう。」と思っていた"ぶどう棚"がようやくできた。
左写真は二階のベランダから見た状態である。
取り壊すときのことを考えて、"ちゃちな棚"にした。
Img_7728gimp Img_7730gimp 園芸用の棒で骨組み・・・。
中古のポリカーボネイト波板で屋根を・・・。
台風の時は波板を外す考えである。
骨組みが台風で飛ばないように、以前温室で使っていたステンレスワイヤーとブロックを活用してサポートした。
施肥の時は、防草シートを上げて掘削して施肥する。
Img_7729gimp あとはブドウ(巨峰)の実が大きくなってくれることを祈るのみである。
ちいさな実がなっているが、他所の家のと比べて小さい気がする。
去年は家内が3粒私が1粒だけ口に入れたが、果たして今年はどうなるか?である。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村   

2017年5月 8日 (月)

"愛宕柿"に"初花芽"が出来た・・・

毎年12月になると近くのスーパーから愛媛県産の愛宕柿を買ってきて干し柿をつくるようにP3282550abc なって、もう5〜6年になるだろうか?「庭に柿の木があるといいな!」と思い切って苗を購入して植えたのが2015年3月末のことである。昔から一般的に、"モモクリ3年、柿8年"と言われているので、4〜5年で実ってくれたら十分と思って苗を植えたのである。

昨日、"初花芽"を発見した。2年と一ヶ月ちょいである。"2年で初花芽"とは、非常にびっくりである。数えImg_7689gimp Img_7691gimp てみると7個花芽があった。これが雄花・雌花になり、近くに柿の木があれば、飛んできた花粉により受粉して柿の実になるらしい。道路向かいの2件隣りと3件隣りに柿の木があるのだが、風向きもあるし、果たして花粉がここまで飛んでくるだろうか?「どうなるか?」である。

今さら心配してもどうしようもない。運を天に祈るのみである。今は、花芽が出来たことを素直に喜ぶことにしよう。

[MEMO]
2015年3月29日(1年目)苗植え付け(3/29) 
2016年3月29日(2年目)施肥(?/?)
2017年3月29日(3年目)花芽7個発見(5/7)
2017年6月04日    7個のうち3個残して4個を摘果した(6/4)

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村   

2016年7月25日 (月)

我が家も"ブルーベリー"が・・・

ようやく我が家も"ブルーベリー"が実るようになった(笑)。
去年までは、良くて2〜3個、悪けりゃゼロの状態だった。
Img_6997pinb Img_6998pinc 今日、気になって久し振りに見てみたら、あちこち実が付いている。
黒っぽく熟しているようだ。
数えてみたら、大小11個を収穫できた。
少ないかもしれないが、我が家にしては上出来である(笑)。
ジャムを作る程ではないので、食べてみたら非常に甘かった。
来年からが楽しみである。

ところで、我が家のブルーベリーは、お隣さんとフェンスを挟んでお互いに近づけて植えている。Img_6995pina受粉の可能性を少しでも高くしようという考えである。
不思議なことに"蔓"になる気配が感じられない。
まっすぐに上に伸びるのみで、高さが2mを超えている。
強引に曲げてフェンスに絡ませるべきだろうか?悩むところである。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村   

[メモ追加]

品  種 ラビットアイ系ホームベル
撮影年月 2011.12(購入時)、2012.04、2013.09

2016年7月 1日 (金)

ベロニカグレース

今年も6月が終わったということは、「一年の半分が終わった」ということで、何となく感慨深いものがあるのは、誰でも同じだろう。一方、このジメジメした梅雨が早く明けて欲しいと勝手なことを思うものである。

Img_5990_e_from_11 去年の暮れ11月頃に買ってきて、鉢植えした(写真)。

その後、順調に育っていた"ベロニカグレース"・・・。

葉っぱの雰囲気が良くて何となく気に入った"株"であった。

Img_6870e_from_6 Img_6871c_from_6 春が来て暖かくなり、"初花"が咲いたばかりであった(写真)。

派手な花ではないが葉とバランスがいい。

梅雨の6月末、よくよく見たら葉に"斑点"が出来ていた。
なぜだろう?もちろん原因不明である。対策のしようがない。
Img_6935a Img_6936b 次の日は、さらにひどくなっていた(写真)。

枯れている枝枯れてない枝があった。

Img_6937c Img_6957a 枯れてる枝を根っこ付近から切断した(左写真)

[7/10追加] 右写真は、2〜3日後の状態。

果たして蘇ってくれるだろうか?

せっかくここまで大きく育ったのに・・・。

大事にしている植物ほど、被害のときのショックが大きくなるようだ。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村   

2016年3月22日 (火)

じゃがいもの芽かき

Img_6555z1 Img_6556z2 Img_6557z3 いよいよ"芽かき"の段階である。
何となく緊張する(笑)。 
ネットのどこかに書いてあった通りに、芽を引っ張ってちょん切った(笑)。
左写真が芽かき前、中写真が芽かき前(拡大)、右写真が芽かき後、である。そして今夜、この日記を書いている時に、気づいた。

("趣味人倶楽部"から来られた方は、ここから読んで下さい。)

つまり、"芽かき"という言葉を思い出せなくて、ネットで検索していたら・・・・
「芽カキが終わったら、種イモの間を軽く掘って化成肥料を一握りほど入れて埋戻します。」だって・・・
ありゃりゃ、"化成肥料"を入れるのを忘れたワ。
明日、必ず入れるわ、必ず・・・・。
ただ、雨が降らなければいいのだが・・・。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村   

東京で桜開花なのに、宮崎はいったいどうなっているのだろう? "標本木"が、船塚町の公園にあるらしい。 一度、見てみたいものである。

2016年3月18日 (金)

水菜とネモフィラの春

去年、9月頃から時期をずらして種を撒いた水菜・・・ ・・・、最後の種まきが11月末だったと思う。順次収穫しながら年を越した。
水菜にはお世話になった・・・と言うか?かなり口の中に入れることが出来た。小さな家庭菜園は野菜の種類が少なくなるので、いつも同じものがかり食べていると飽きてしまう傾向にある。Img_6507a Img_6506b Img_6508c 最近は収穫が追いつかずにどんどん大きくなる水菜・・・ ・・・ 。
そして、ついに"花"が咲いてしまった。
まるで、"菜の花"を見るような感じである。

開き直って、「花として育てる。」のも一案である気がする。

("趣味人倶楽部"から来られた方は、ここから読んで下さい。)

一方、ネモフィラー"インシグニスブルー"・・・、一時期は徒長・開花不良を心配したが、今では私のImg_6509d Img_6511e 心配をよそに満々開である。
一番日当たりのいい南花壇に植えている。
我が家の玄関は北側なので、南側は通行人からは見えないのが残念である。
北側玄関に植えてあるパンジーなどは、喜んで見てくれる通行人がたまにいるので、ある意味満足である。
ネモフィラは、私が見てあげるしか手がない(家内はあまり見ないし・・・w・・・)。
約10年くらい前にブログを始めたときの"ブログ友(HN=ネモフィラブルーさん、つれづれさん)"から教えて頂いた貴重な花である。

「10年ひとむかし」と言うが、その頃が懐かしい気がする。まだ元気もあったし、種から育てることに夢中になっていた。
こんなふうに10年を刻みながら徐々に老いに近づいて行くのだろう。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村   

2016年2月22日 (月)

ジャガイモに初挑戦

ジャガイモを育てた経験は一度もない。
一週間前のことであるが、ホームセンターに行って初めて種イモに気がついた。
Img_6437a1 Img_6438a2 数種類があったが、あらかじめ決めていたので迷わずに"男爵"を手に取った。
一袋11個入で245円である。
ネットでもう一度育て方を見てみた。
どうやら芽を出させた方がいいようである。
箱に入れて室内にしばらく置いて、芽が出るのを待ってみることにした。
一番大きい種イモは、芽が出た形跡があるが先端が潰れているみたいだ。
(*** "趣味人倶楽部"から来られた方は、ここから読んで下さい。 ***)
そして今日、どこかに、「芽出ししても折れる場合がある」などと書いてあったので、種イモを植えることにした。
Img_6452b1 Img_6452b2 Img_6455b3 よくよく見てみると、一週間で芽が少々出始めたようである。
溝を掘って、種イモを置いて、間に完熟肥料・化成肥料をいれた。
埋めたあと透明のマルチを張って、中古の不織布を張った。
我が家には馬鹿犬がいるので、入らないように犬害にやられないような対策が必要なのである。
撮影後、記事を書いていると思い出した。「水やりを忘れた!」
ネットで調べたら、「たっぷり・・・」と書いてある。
あわててマルチを引き上げて、4リットルジョロで2杯の水やり。
完了、あとは発芽を待つのみである。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村   

より以前の記事一覧

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31