芸能・アイドル

2009年2月23日 (月)

CDが手に入りましたわ・・・・

Img_1030 橋幸夫さんのCD”歌の架け橋”が届きました。

3枚組で5000円。『故郷の花はいつでも紅い』は、他のCDには入っていませんでした。

CDの説明書を見ると、何と昭和36年の歌のようです。ということは、47年経過ということになります。

我が家にレコードプレイヤーが来たのが40年くらいでしょうか?しかも近くにレコード店なんて無かった時代ですからねぇ。聞く機会はまったく無かったわけであります。

レコードジャケットの絵から見ると、何となく『B面の歌』のようです。こんないい歌がB面ですから、信じられませんねぇ。

しかしこれで47年のモヤモヤ(?)が解決しました。今夜は、一人で”口ずさみ”ながらの楽しいウオーキングでした(笑)。

夢(?)が叶うと夢(?)を見ていた頃が懐かしくなりますね。・・・・買わずにひたすら空想にふけるのもいいことかも・・・・

2009年2月18日 (水)

それは、『故郷の花はいつでも紅い』でした!

誰にでもあると思いますが、私にもあるのです。

懐かしい昔の歌でずっと口ずさんできたものの、その歌の題名がわからない、あるいは歌手がわからない・・・とか、です。

続きを読む "それは、『故郷の花はいつでも紅い』でした!" »

2008年10月24日 (金)

さくらの花よ 泣きなさい

 ここだけの話ですが、近頃、@niftyの『趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)』にちょっぴりでありますが、のめりこんでいるのです。
 歌手の黛ジュンさんも登録をされてて、私も”彼女のマイフレンド”の一人になっているのです。もちろん彼女には数多くの”マイフレンド”が居て、私はそのうちのちっぽけな一人でありますが・・・似たような世代の仲間として応援しているのです。何といっても若い頃彼女の歌で感動してきましたからねぇ・・・

Img_0712  その黛じゅんさんが、最近、新曲を出されて、マイフレンドの仲間に新曲CD(さくらの花よ 泣きなさい)を送っていただいたのですよ。私の所にも火曜日に届きました。

 夕月・霧のかなたに・天使の誘惑・・・・・とすべてがすばらしい歌で若い頃に感動を与えてくれたのが30年くらい前のことでしょうか?もちろん今でも車の中で時々聞いているのですよ。その頃テレビで見た黛ジュンさんは、いまでも鮮明に記憶の中に残っています。

 歌手活動を再開するには並々ならぬ努力があるかと思います。歳を重ねて心も身体も下降気味になる現実をやむなく受け入れなければならない世代にとっては”何よりの励まし”になります。新曲が少しでもヒットするように応援しますね。

 

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31