書籍・雑誌

2007年9月17日 (月)

城山三郎の『落日燃ゆ』

 ようやく台風の影響が無くなったみたいです、雲の間から晴れ間がちらほらと見えるようになって一安心ですわ。

 おかげさまで、この前から読んでいた"城山三郎"の『落日燃ゆ』をようやく読み終えました(笑)。もともと読書があまり好きではない私の場合は、一冊読むのに何日もかけるのです、今回は約一ヶ月でしょうか?

 昭和初期に外交官から総理大臣になった"広田弘毅"の話です。あまり知られていない総理大臣ですが、この本を読むとその人柄・生き方に感動するものがあります。非常にいい本でした。

* なに、「感想は?」だって・・・。感想文を書くのは子供の頃からの苦手なのです。国語なんて最も嫌いな科目のひとつでしたから、感想なんかいいのです。

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31