文化・芸術

2009年2月 4日 (水)

我が家の『節分』・・・・

みなさん、それぞれ、いろいろな節分の記事を書いていらっしゃるようです。

そこで私も、・・・我が家の『節分』というタイトルで・・・

毎年1月20日頃になると家内が注文した生協の豆が届きます。

袋の中に入っている”紙で出来たお面”を見ると、

『ああ~、今年もそんな時期か・・・』

数日経つと、その美味しそうな豆”に手が出てしまいます。

初めは、『10粒だけ・・・』

次の日も、『今日も10粒だけ・・・』

それに気づいた家内も『あれ、いつの間にか開いている、何個食べた?』

そのうちに、『ありゃ、無くなってしもた!』

例年はここで、責任感のある私が買いに行きます。

そして、”2月3日に豆まき”ということになりますが、今年は雨で外にまけません。

ということで、『もういいか!・・・』となってしまいました。

玄関の喫煙椅子でタバコしていると、道路向かいの家からだんな様の声が聞こえてきました。大きな声で、『鬼は外~~~、福はうち~~~』です。初めてお隣さんのを聞きました。

・・・来年は・・・まじめにやろう・・・かな?・・・ 

2008年4月29日 (火)

和太鼓、響座

和太鼓の"響座"、以前からその名は知ってはいたが・・・

"太鼓の好きな大人が太鼓たたいて汗びっしょり"になって、あとは"ビールか焼酎か"・・・みたいなイメージしかありませんでした。ごめんなさい。

File0010_2 無料の整理券をもらい家内とその友達に誘われて、しかたなく会場である宮崎市民文化ホールへ・・・会場はほぼ満員の2000名。

開演とともに子供達の太鼓演技・・・

もともと大人だけでやっていたのを、子供向けの太鼓道場を開いたところ人気が出て、今では200人の子供がいるらしいです。太鼓のジュニアの全国大会で、昨年6位、今年優勝だそうです。一番小さい子はなんと3歳、子供達の成長にとって素晴らしいことです。この"響座"はある意味宮崎県民の財産といってもいいでしょう。

次は大人たちの太鼓演技・・・

さすがです。手の動きの早いこと、そのリズム感、太鼓の響き。想像はしていたものの凄いです。

さらに、宮崎出身のジャズピアニストに宮崎都城出身のドラマー(元GRAYのドラム担当みたい)まで特別参加です・・・

ジャズピアノとドラマーのコラボレーションといいますか?、素晴らしいでした。しかし、それに太鼓が加わるとさすがにピアノもドラムもだんだん影が薄くなっていく様な感じ・・・

入場料無料ですが、『終わった後もし良かったら寄付をどうぞ!』『響座の記念Tシャツもどうぞ!』・・・でしたが、
私も裕福じゃないので『Tシャツ2枚5000円でごめん』でした(苦笑)。宝くじに当ればたっぷり寄付してあげたいのですが、みなさん頑張ってください。

太鼓をたたいた大勢の子供達に見送られて会場を後にしました。

子供達;ありがとうございました。
私   ;(無言でちょっと笑って!)


また来年も来ますね!

2007年10月 8日 (月)

吉村作治のエジプト展

185ejipto  小雨の中、前売り券を買っていた『吉村作治の早大エジプト発掘40年展』(9/21~11/18)に行ってきました。台風の影響による雨で"行楽"に出かけられなかったせいか、数多くの人人人・・・。宮崎では、文化・芸術に触れる機会が多くは無いのです。当然撮影禁止なので入り口のポスター撮影となりました。

 古代文明には非常に興味があります。エジプト・マヤ・インカ文明など・・・。行ってみたい外国の第一の候補地ですわ、行けないけど。テレビのドキュメンタリーで見るのが精一杯ですゎ。

★この手の展示会を見ると思うことがあるのですが、
①都会でもやってるんでしょうかねぇ?田舎だけなのか?
②順次全国の都市で展示をされてるんでしょうかねぇ?

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31