心と体

2017年3月31日 (金)

股関節痛の記録(退職後2年6ケ月、2017年3月31日)

①股関節周囲のチクリ痛や鈍痛は、相変わらず時々感じる。
 特に、座位(トイレなど)から立つ時に股関節に痛みを感じる。
 ウオーキングの時も股関節痛を時々感じるが終わる頃には治っているようだ。
②腰痛、左骨盤上部痛を感じる。最近は、左右の膝痛も感じるようになったが、これは
 卓球かミニバレーのせいだろうか?わからない?
③卓球(月2回)の後であるが、明らかに左股関節に痛みがあるが、二週間で治るようだ。
④2月からミニバレー(月2回)も始めてみた。ただし、ジャンプはしないようにしている。
⑤自転車は、
 目標;1月(200km)、2月(200km)、3月(200km)に対して、
 結果;1月(146km)、2月(88km)、3月(113km) だった。
 サイクリングは、1月の一つ瀬川、3月の綾の2回だった。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村   

2017年3月 5日 (日)

クリックリーダー

いつも老眼鏡を鎖で首にぶら下げているが、時々引っ掛かるのが問題だった。
屋外でリュックの時はあちこちに引っかかるのが当然であるが、パソコン椅子から立ち上がるときに少し出っ張った"腹(の脂肪)"に引っかかる時は言葉には表せない絶望感がある。
そこで、"火野正平さんでお馴染みの老眼鏡"なら「一日を絶望感無く快適に過ごせるのでは?」と以前から興味があった。

Photo ネットでよくよく見ると"ロングサイズ"とか"ワイドサイズ"とかある。
果たして、自分の顔のサイズは? S、M、L、LL? BM? BL? 悩む!
今まで、「自分の顔の大きさにフィットするかどうか?」の不安があったので買うのをためらっていたのである。
(写真は、ネットから借用です。)

定規で幅・奥行きを慎重に測定して、ついに思い切って注文した。
Photo_2 読書を主な用途と考えて、度数は3度にした。
サイズは"日本サイズM相当"で、色は"クリアグレー"にした。
この"M相当"が、不安があった要因なのである(笑)。
(この写真もネットから借用です。)

Photo_3 届いたので早速あけてみた。
袋が付属していますが、使わないかも?
かけてみたら、「かろうじて何とかおさまった」という感じである。
一安心しました。
左右はピッタシで、前後はスライドする部分を1cm程度スライドさせた時がジャスト(前後もピッタシ)のようである。

注意して見てみると、パッド(鼻あて)部が出っ張りが小さい(写真参照)。
Img_7502 レンズ部が下にちょっとずれるとパッド部が鼻に当たるが、老眼鏡なのでこれでいいと言う発想かもしれないし、鼻の高い外国人に合わせてあるのかもしれない。となると、これがこのクリックリーダーの最大の欠点かもしれない。
テンプルが左右から挟み込んでレンズが下がらないように固定されるような感じがあるが、あるいは、左右じゃなくて、前後からの挟み込みで固定するような感じでもある。
今まで使ってきた老眼鏡よりもレンズが小さい。もっとレンズ面積が大きい方が視野が広くなり使い易い気がする。よくわからないが、しばらく使ってみることにしよう。

今まで首にぶら下げていた老眼鏡は、パソコン専用にしてパソコンの前に置いておこう。
これから通常はクリックリーダーが、読書用・スマホ用・自転車用・外出用になる。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村   

2016年12月31日 (土)

股関節痛の記録(退職後2年3ケ月、2016年12月31日)

①この3ケ月、自転車にはあまり乗ってない。今年は、6月〜12月が最低であった。腰痛と股関節痛・・・、自転車に乗れない乗らない日々・・・、いったいどっちが原因なのか自分でもわからない。2年前に戻って、一から出直そう。
②とにかく、一日20kmでもいい・・・、10kmでもいい・・・、ので、一週間に2〜3回の自転車を復活させよう。一ヶ月の合計を200kmを目標に挑んでみよう。
③股関節周囲のチクリ痛や鈍痛は、相変わらず時々感じる。座位(トイレなど)から立つ時に股関節に痛みを感じる、ウオーキングの時も股関節痛を感じるが終わる頃には治っているようだ。
④腰痛は、夏場頃と変わらない気がするが、腰の痛みのほかに左骨盤上部にも痛みを感じる。
⑤卓球を初めてみた。初日(12/15)、約2時間程度の卓球の後であるが、明らかに左股関節に痛みが出た。月2回の練習でどうなるか、しばらく様子を見ることにしよう。
⑥1月(200km)、2月(200km)、3月(200km) 実行できるか?否か?

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村   

2016年9月30日 (金)

股関節痛の記録(退職後2年0ケ月、2016年9月30日)

①梅雨、酷暑、腰不調が重なって、6月中旬からジムを休んでいる(サボりかも?)と共に、自転車とも遠ざかってしまった。さらに久し振りのギックリ腰が"トドメ"となり、どうしようもない3ヶ月であった。腰が悪いから自転車に乗れないのか?それとも自転車に乗らなかったから腰の調子がますます悪化したのか?自分でもわからなくなる。整骨院は効果が感じられなかったので8月で辞めた。9月に入り多少涼しくなり、気分的には楽になってきた。

②先月、左膝関節上部とふくらはぎ下部にシビレがあったが、シップで何とか治った。股関節周囲のチクリ痛や股関節周囲の鈍痛は時々感じる。腰痛とは別に左腰の奥に鈍痛を時々感じる。普通腰痛と股関節による腰痛(奥部)とが別々に存在するような気がする。下半身のあちこちの関節で動きの悪さを感じる。座位(トイレなど)から立つ時に股関節が伸びにくいし、ウオーキングの後にも股関節が伸びにくい。

③この3ヶ月は、最低最悪であった。暑さに負けて精神的に参ってしまって、股関節体操もままならぬ・・・。10月から何とか以前の状態に戻したい気がするのだが・・・。自転車に乗るのもモチベーションが上がらない。何か見つけなくっちゃ!

④静止している時は痛くないが、身体をある方向に動かそうとする時に左腰の奥に鈍痛を感じる。腰痛と似たような感じであるが、股関節による痛みの感じがする。特に起床時にベッドから出る時に痛みを感じる。ジムや自転車をやらなくなった一番の原因(①に出てくる"腰不調")がこの痛みであるような気がする。この腰不調(鈍痛)が無ければジムも自転車も続けられたのかもしれない。

⑤パソコンに向かう椅子の静止状態で、「下半身がムズムズしてどうしても動かさずにはいられない」現象が激しくなった。似たような現象は以前からあったが、今回のは激しい気がする。神経が足に繋がるときに股関節あたりを通過するが、この部分で神経が切れっかっている感じがする。
さらに上半身もムズムズする(笑)。何だろう。この現象は?いやな予感がする。
体調があまり芳しくない。10月こそは、何とかして元気を出したいものである。

[過去の記事「股関節痛記録」へのリンク]
  2016年06月30日
       2016年03月31日
  2015年12月31日 
  2015年10月17日
  2015年09月30日

[10/12追加]
今日は、一年に一度の病院診察の日で、"○○大学 医学部病院"に行って来た。
レントゲン写真を見て主治医いわく、
「寛骨臼と大腿骨頭の隙間の軟骨部は、当初より狭くなっている。」
「この狭さから判断したら、人工股関節手術となる。」
「あなたが努力しているから手術の必要はない、このまま行けるはずだ。」
「痛みがずっと継続するのは良くないが、断続的な痛みは気にしなくてよい。」
「筋力も付いているようだ。とにかく股関節を使った方がよい。」
などと、言われた。
また一年後に予約を入れてもらった。
いままでやってきた"股関節体操(ストレッチと筋トレ)"の効果が出ていると信じて、根気強くこのまま続けることにしよう。
時々サボリ癖が出てくるが自分との戦い(永遠の戦い)である。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村   

2016年7月30日 (土)

久し振りの"ぎっくり腰"

何年ぶりだろうか?
前回の"ギックリ腰"は、もう記憶にない。
最近の"ギックリ腰"は、いつも軽症であるが、「いつ、"ギックリ腰"になったかがはっきりしない。」のが常である。
気付いたのは、今朝起きて階段を降りる時である。
夜中に寝返りした時に"ギク"ったのか?
それとも、一昨日の佐伯行き・・・、昨日の西都行き・・・と、久し振りの長距離運転が腰に悪影響を及ぼしたのか?
最近何をするにも、「やる気が起こらなかった。」というのが"前触れ"だったのかも知れない。
直立不動で歩くことはできるが、ちょっと前かがみになる時や起き上がる時などは"ギックリ腰"の症状になる。
普通のギックリ腰は動けなくなるが、軽症ギックリ腰の場合は多少は動ける。
氷で腰を冷やしてみたり、腰ベルトを巻いて静かに過ごし、身体を休めるしかない。

去年の自分と今の自分を比較して、今の自分の調子の悪さを痛感する。
こういう時に、一年経って体力が落ちたのを実感する。
現状維持が非常に大切である。
これが"老いとの戦い"だろう。

朝の股関節体操は中止だ。
朝夕のウオーキングも中止だ。
非常に残念である。
梅雨が終わり毎日うだるような暑さが続く。
正直に言うならば、ホッとしている自分が、楽な方を選びたくなる自分がいるような気がする。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村   

2016年6月24日 (金)

股関節痛の記録(退職後1年9ケ月、2016年6月30日)

①3.3kmウオーキングで異常がないので、6月10日頃から徐々に4kmに変更した。ときどき、腰の奥に違和感を感じたり、股関節そのものに小さな痛みを感じたりするが、様子を見ることにしよう。夕方よりも朝のウオーキングの方が、足の動きが軽い感じがする。夕方は、明らかに足の運びが悪くなる。

②腰の調子が悪い、腰が固い。例年夏場には治るのに今年は治らない。腰と股関節に関連があるのかないのかわからないが、あまりにも腰が悪い。中旬頃から整骨院に通い始めた。

③時々であるが、右の股関節にも違和感を感じることがある。さらには、歩くときに左足の膝関節にも痛みを感じる。もうひとつ、歩くときに、左股関節の前部にチクリ痛を感じる時がある。これらの痛みが3ヶ月後にどうなるかである。さらに、左向き斜め座りが良くないのか? 左後部の股関節に鈍痛を感じる時がある。

④月初めにちょっと気になることがあったので書いておこう。
(1)自転車のペダルが上死点にきたときに、股関節前部が痛い。これは初経験。
(2)次の日には治った。不思議。

[過去の記事へのリンク]
       2016年03月31日
  2015年12月31日 
  2015年10月17日
  2015年09月30日

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村   

2016年5月10日 (火)

アレルギー性鼻炎

鼻の奥と言うか? のどの奥と言うか? 以前から気になっている。
記憶がはっきりしないが、ここ一、二年だろうか? 粘着性の膜が鼻(のど)の奥にいつも付着していて、声が出にくい・のどが乾く・咳が出るなどの症状がある。
何となくイライラしてしまう時もある。とうとう近くの耳鼻咽喉科に行く気になった。実は、二軒目の耳鼻咽喉科である。

喉の奥、鼻の奥を検査されて、次はレントゲンだ。
顔のレントゲンなんて初めてだ。
鼻の周囲には4箇所の空洞があるらしく、ちゃんと空気がたまっているので問題ないらしい。
鼻(のど)の奥の粘着性症状の原因は、前の病院で言われた軽い"蓄膿症"ではなくて、"アレルギー性鼻炎"によるものであると言う診断である。
治るのに三ヶ月くらいかかるらしいが、とりあえず二週間分の薬を投与され、しばらくは通院となる。

この歳になると、次から次へと様々な病魔が襲ってくる。
数年前まで一週間に3〜4回ミニバレーをやっていたのがウソのようである。

早く治ってくれるといいのだが・・・、通う病院の数をできるだけ減らしたい・・・。"高血圧の薬をもらう"のと"前立腺肥大症の薬をもらう"のと"股関節の検診をしてもらう"病院はやむを得ないとして、通院はこの三つの病院だけにしたいものである。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村   

2016年4月30日 (土)

激歩き・・・

Img_6762tokyo Img_6765tokyo 4/25-4/27で東京に行って来た。
階段の登り降りやラッシュ時の電車などを久し振りに経験した。
一日でどれだけ歩いたのか解らないが、"激歩き"であることは間違いない。
娘たちの家を訪ねたり、国会議事堂や東京駅も歩いた。

普段は、3.3kmのウオーキングを朝夕2回毎日歩いている。
東京から帰宅してからであるが、椅子に座るとき、立ち上がる時にも痛みがある。
自転車を漕ぐときに負荷がかかっていなくても左股関節に痛みがある。
この痛みはいわゆる筋肉痛というよりも、股関節の軟骨部に引っかかり感・ざらつき感・油切れ感を感じるような痛みである。

今日、自転車で15kmくらい軽く走ってみた。
乗り始めに比べて終わる頃は、若干ではあるが、痛みが減少した感じがある。
錆びついた関節に油が多少回ったかのような感じである。
しかしその後は痛みが元に戻ったような感じもする。
安静にした方が良いのか?少々無理した方が良いのか?さっぱり解らないのが、股関節痛の悩みである。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村   

2016年3月31日 (木)

股関節痛の記録(退職後1年6ケ月、2016年3月31日)

①調子が良かったので思い切って"グレートアース(3/13)"に参加してみた。
②2.3kmウオーキングでそんなに異常がないので、3月30日から3.3kmに変更した。
③朝の股関節体操に膝回転(左右20回)を追加した(3/22頃から)。
④ジムのNo.12の錘負荷を徐々に50kgに上げた(3月中旬頃)。
⑤貧乏ゆすりの時間を頑張って伸ばした(1日60分を目標に)。
⑥中旬以降、気になることがあった(因果関係は不明)ので書いておこう。
(1)一度だけウオーキング中違和感があった。
(2)立ち上がる時に相変わらず股関節の調子が良くない気がした。
(3)「5-5立上り」が出来るようになっていたのに、再び「4-6立上り」に戻った気がする。
(4)以前から気になっているが、じっとしていると左足(膝裏、腿裏)に"シビレ(違和感)"を感じる。動かさずにはいられない感じである。
(5)このところ、ずっと腰の調子が悪い。冬場であるせいかも知れないが。

[過去の記事へのリンク]
  2015年12月31日 
  2015年10月17日
  2015年09月30日

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村   

2015年12月31日 (木)

股関節痛の記録(退職後1年3ケ月、2015年12月31日)

①この3ヶ月は、自転車にも乗り、ジムにも行き、全体的に順調な経過であった。
②貧乏揺すりの時間を徐々に増やしてきて、現時点で一セット15分を一日四回を目標にしている。
③可動域が広がり、自転車にまたがるときに足が上がるようになった。
④10月に2.3kmのウオーキングを二週間程やったが、股関節が痛くなりその後やめている。
⑤作業を続けると、股関節が痛くなるようである。自転車分解整備の時も痛んだ。
⑥股関節体操の「回転チューブ」でチューブが要らなくなり、可動域が広がった。
⑦新たに、股関節体操「左くつした」をやり始めた。
⑧ジムの器具を変更した。11,12を止めて、13,14,15を増やした。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村   

より以前の記事一覧

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30