住まい・インテリア

2017年6月10日 (土)

リビングへのステップ台を作成

Img_7770gimp 家を新築した頃(?)に作成したステップ台が20年(?)以上経過して寿命(限界)になっている。
ホームセンターから買ってきた台が安定が悪く長持ちしなかったので、丈夫な材料で作成したようなあいまいな記憶がある。
その当時はまだまだ元気だったので、同じものを2台作成している。
オイルステイン(防腐剤)を定期的に塗るつもりだったが、結局寿命が来るまで一度も塗ったことはない(苦笑)。
腐食してグラグラし始めた台の下をコンクリートブロックで応急的に支えている。
怖がりの犬が台に乗りたがらない(出入りに躊躇する)のが困りものなのだ。

Img_7768gimp Img_7772gimp 前回と同じ材料を同じホームセンターから買ってきて、作成した。
こういう作業をやると足腰にひびくし、無意識のうちに股関節にも悪影響があるのかもしれない。
何回も休憩をしながら二日がかりの作業だ。
今回は、雨に濡れて腐食しやすい足部をボルトナットで接続するようにした。
5〜10年後くらいに足部を交換して全体の寿命を延ばそうなどと考えている。
果たして10年後まで生きているかどうか?わからないのだが・・・(笑)。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村   

2016年10月16日 (日)

車庫の波板交換

先日の台風18号で破れてしまった車庫の天井波板・・・、いよいよ修理することにした。
Img_7101pinta_a 波板16枚のうち9枚が不良である。
残りの7枚は汚れがひどいし、約25年使用してきたので、この際全部交換することにした。
普通の塩化ビニール製の波板は、5〜6年が寿命であるが、ポリカーボネイト製は金額が高いが長持ちするとのことで、これを使用してきた。
25年ならば、"良し"としよう。

Img_7109pinta_b 材料は、
・ポリカーボネイト波板 8尺(2400mm)、16枚
・ワンタッチフック   21mm、100本入り、2箱
である。

Img_7114pinta_c 一日目(金曜日)は、半分の8枚の交換作業が途中まで・・・。
二日目(土曜日)は、早朝からちょっと作業して半分が完全に完了したが、その後風が強くなり作業中止。
三日目(日曜日)は、朝から雨・・・、一日中雨・・・、
月曜日は別の用事があるが、来週中には完成するだろう。
脚立で登ったり降りたりの繰り返し、何十回登ったか?解らないが、この程度の作業で腰が痛い。
そのうちに業者に依頼せざるを得ない時が来るだろうと思いつつ、頑張るのみである。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村   

[追加]
Img_7126pinta_d Img_7125pinta_e 4日目(水曜日) ようやく完成した。
新しくなると気持ちがいい。
20数年後の更新の時は、自分はもうこの世にいないだろう。
こんなことを考えるとむなしくなるようだ。

2016年1月15日 (金)

防草シートの張替え

我が家の庭は、あちこちを安価な防草シートで覆っている。
覚えてないが、敷いてからもう10年以上になるのかもしれない。
Img_6337a 台風でめくれたり、ブロックで押さえたり、シート押さえピンを移動した後の余り穴があったり、です。
小さい穴があるとそこから草が伸びてくるのです。
その当時できるだけ金がかからないようにと思って材料(シート)をケチって施工したので、あちこち不満があります。

年老いていく前に張替えをしておこうという訳です。
Img_6330d 今回は、幅2m✕長さ30mを購入しました。
デュポン(メーカー)のザバーンという製品です。
一番人気のあるメーカーのようであります。
色はブラウンにしました。
金・土・日の3日がかりで作業する予定です。
股関節痛への影響があるので少しずつ小分けに作業するしか手がないのです。

(*** "趣味人倶楽部"から来られた方は、ここから読んで下さい。 ***)

今日は、東側通路(一番上の写真が着手前)でした。
Img_6343b 植木鉢や棚類を移動して、古いシートを剥ぎとります。
できるだけ凸凹が無くなるように地面を平らに整地します。
できる限り正確に測量して、シートをハサミで失敗しないように切断します。
シート張りをしてブロックで仮に押さえます(左写真)。
シートピンを差し込むのは、全部完了してからです。
Img_6346c水道蛇口と排水枡の所は、シートを繰り抜くことにより、継ぎ目を可能な限りなくしました(左写真)。
一番上の写真と比べるとかなり出来がいいようです。
ここにコンクリート製の四角い受け皿を置くといいのですが・・・。
合成樹脂製の受け皿もあるのですが・・・。意外と高価なのです(苦笑)。

明日は西側通路をシート張り、明後日は南側の庭の予定であります。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村   

[01/16追加]
明日が雨の予報なので、思い切って今日終わらせた。
西側通路は幅1100にカットして長さ6mを敷いた。
Img_6347f 庭は、幅2m長さ7mを二枚敷いた。
写真は、庭の防草シートである。
残ったのは、シート押さえのプラ杭の打ち込み作業のみである。
良かった、良かった、ホッとした。これでいつ雨が降っても良い(笑)。
[01/21追加]
ブロックで押さえていたのであるが、数日前の強風でシートがめくれあがってしまった。果たして台風の時など押さえピンだけで大丈夫だろうか?気になるところである。
[01/28追加]
ようやく、押さえピンの打ち込みが終了した。
Img_6367a Img_6376b Img_6366c 庭のシートの西端は土の中に埋め込んだ。
残りは、小畑東側の隙間のみとなった。
このピンは、抜けやすいようである。なので、1m間隔で打ち込んだ。
台風の時は、ブロックで押さえる必要がある。
 

2015年7月 9日 (木)

外れない障子戸の修正

ずいぶん前のことであるが、和室の障子紙を張り替えようとしたが、障子戸が外れなくて、結局障子紙の張替えが出来なかったのである。
それ以来何年も張替えしてなくて、あちこちに補修の跡が目立つ障子である。

梅雨で何もすることがないので再度挑戦してみたら、かろうじて外すことが出来た。
ところが、はめようにもはめられない。
いろいろ悩んだ挙句の果て、思い切って切断することにした。
2〜3日、具体的な方法について考えた。
その結果、電気丸ノコで切断することにした。

P7091629a 電気ノコをまっすぐに直線的に進めるために”ガイド板”を取り付けることにした。
ガイド板”と”障子”とをしっかりと挟み込む治具を探しにホームセンターに・・・。
簡易的なクランプを2個と金属製で割と丈夫なクランプ1個を購入してみた。
強度的にどれがよいかわからないので使い分けるのである。

外は雨なので、室内で障子を置いて切断できるスペースといえば、玄関しか思いつかない。
P7091630b P7091631c はじめに木製の板と障子を挟んでみたが、板が電気ノコに当たるようなので、”アルミアングル”を使うことにした。
寸法をきっちりと測って、買ってきた”クランプ”で挟み込んだ。
いよいよ電気ノコで切断である。
目標は3mm程度の切断であるが、できれば2mm程度、間違えても3mm以上切断したくはない。
電気ノコのほこりにまみれながら・・・、汗を流しながら・・・、ガイドのアルミアングルに沿って電気ノコを押し込んでいく。
それでも結局曲がってしまった。
つまり、ガイドから電気ノコが1〜2mm程度離れてしまうのである。
きれいに直線状にならなかったところは、サンダーで研磨した。
いい出来栄えではないものの、取り付け・取り外しは、非常に楽になった。
これで、いつでも安心して障子紙の張替えができることになったので、「良し」としよう。

ブログランキング・にほんブログ村へ

2013年10月19日 (土)

塗装工事に伴って屋根裏換気扇取りつけ(3)

Pa190113aようやく電気工事が終了して、換気扇をタイマー運転できるようになった。
天井に上がっては、忘れものに気付いて降りたり、作業のしにくい天井でネジを落としたり、無いものを買いに行ったり、でようやく今日完了したのである。
例えば、必要なものは、ペンチ・カッター・金づち・ビニルテープ・圧着ペンチ・圧着スリーブ・ステープル・ドライバー・木ネジ・露出コンセント であるが、あらかじめちゃんと確認して持って上がっても、何かが抜けるのだ。
やはり、これは、歳のせいかも?
塗装工事は、天気のせいであと2~3日かかりそうだ。
--------------------------------
この工事で私が天井に上がるところを、"ネコ"に見られてしまい、私の知らぬ間に天井に登るようになった。
押し入れの引き戸を開けて布団の上に乗り、天井の蓋を開けて登るのである。
天井の蓋は閉めても、持ち上げれば簡単に外れるしくみになっている。

先日は、明け方の5時に起きてみたら、どこかで"ネコ"の鳴き声が聞こえる。
押し入れの引き戸がちょっと開いている。天井の蓋がちょっとずれている。
顔を出して私に向かって、「ニャ~オ」である。
あんな暗い所で、よく行動できるから不思議である。
"ネコ"は、楽しい場所を一度見つけたらしつこく挑戦するようだ。
--------------------------------
今度は、押し入れの引き戸に人間なら簡単に取り外せる鍵をかける方法を考えなくちゃ・・・である。

2013年10月14日 (月)

塗装工事に伴って屋根裏換気扇取りつけ(2)

Pa090057aPa130082a木枠を付ける前の内側からの状態が左写真である。
ここに木枠を取り付けて補強材と裏板を付けたのが右写真である。


Pa130083aPa130084aさらに風圧シャッターを内側からつけて、その上に換気扇をとりつけた。
"換気扇"は当然内側に取り付けるが、"風圧シャッター"も将来交換することを考慮して内側に取り付けた。

換気扇運転用のタイマーを取り付けるために、2個用スイッチボックスを買ってきたが、合わないようだ。
つまりボックスの深さが足りないのだ。
無駄金をしたことになる。
今週、電材店に買いに行こう。
電気工事はもう少し先になりそうだ。

Pa130092a20年も経過すると、エアコンの室外機の配管保温カバーはボロボロになるようだ。
保温剤が風化して"銅管"が露出している。
最近、冷えがいまいちと感じていたが、このせいだろう。
さらに"ドレンホース"は途中で切れて無くなっている。
リビングのエアコンの場合は、配管がケースに入れてあるが、このほうが当然長持ちするようだ。

Pa130097aPa130107a"保温カバー"と"排水ホース"を買ってきて補修した。
テープで巻くときに非常にやりづらい。
もっと余裕のある配管をしてくれたらいいのにと思う。

Pa140109aPa140111a壁穴部が大きくあいているので、さらに配管用パテを買ってきて、補修した。
パテがこんなに高いとは思わなかった。
500gにするか?1kgにするか?であるが、万が一足りない時が困るので、1kgを買ってきたが半分以上余った。
これまた、無駄金である。
いつでも塗装OKになった。

2013年10月12日 (土)

塗装工事に伴って屋根裏換気扇取りつけ(1)

家の塗装工事を先週から始めている。
新筑後二回目の塗装である。
塗装工事の足場を活用して、二階の屋根裏に自分で換気扇を付ける工事を始めた。
今年の真夏の暑さ・・・、とんでもない暑さだった。
換気扇を回して屋根裏の空気を入れ替えれば、夜のエアコンの電気代がかなり浮くはずである。

Pa090063amPa090065am自然換気の換気口の化粧枠を外してみたら、その開口部の狭いことにびっくりした。
ヨコ10cm×タテ12cmが左右2個である。
これじゃ、自然換気になるはずがない。
小さい穴にさらに雨避け"ガラリ"と"化粧枠"があるのだから、ほとんど自然換気してないだろう。

換気扇用に開口部を広くしたら、天井内部から暖かい空気が吹き上がってきた。
のこぎりで切るときの"ホコリ"が私の顔に向かって飛んでくる、これがいわゆる自然換気だ。

Pa120074aPa120073a土曜日は、"屋外フード"の取り付け。
どう考えても"防虫網"の取り付け方がわからない。
説明書読んでもわからない。
どうやらネットで購入した部品が合わなかったようだ。
ここで部品を買いなおすと無駄が生じることになるの。
そこで、ステンレスネジ・ステンレス用のドリル切先を買ってきた。
ちょっと改造して防虫網をフードに固定し、木枠に取り付けた。
壁材のかけらを組み立てて補修した開口部(写真中)は、ちょっと惨めであるが塗装をしてしまえば、目立たないだろう。

Pa120079aPa090061a試しに"風圧シャッター"と"換気扇"を取り付けてみたが、換気扇が業務用なので非常に重い。
地震時に気になるので天井裏から木枠に補強材を入れた。

2011年5月 3日 (火)

網戸の張り替え・・・

過去に網戸の張り替えをしたことが二回程ある。
一回目はまあまあうまくいったが、二回目は大失敗。
ゴムを外して網を乗せて、ゴムをはめて完成したが、古い網を取り外すのを忘れていたのである。
つまり、二重の網戸だ。当然いまでもその網戸はあるので忘れることはない。
苦い失敗だった。その後、やる気をなくしていた。

昨年から猫に寝室の網戸を破られているので、夏が来る前にどうしても交換が必要だ。
先日、ステンレス製の網を買ってきたが、ゴムを買うのを忘れていた。

しかしちょっと待てよ!ステンレスの網は余った部分を何で切るのだろう。オルファカッターじゃ切れないかも?
ということで、ネットで検索。なかなか見つからない。見つけたHPでは、『カットが非常に困難である』とも書いてある。ステンレスは買うべきでなかった(後悔)。

Img_2871 とりあえずやってみることにしよう。以前使用したローラーを探し出し、網戸を外してゴムのサイズ確認。
ローラーの袋に”未使用のゴム(3.5mm)袋”が入っている。
10cm程度の黒っぽいゴムも入っていた。網戸のゴムと同じだ。
どうやら我が家のサイズは、4.5mmくらいのようだ。
網戸のゴムを少し外してみた。しっかりしている。再度使えそうだ。

Img_2882_2Img_2876   買ってきた網をよく見たら、”ステンレス製”じゃなくて、”ステンカラー”だった(ホットした)。

ゴムをローラーで入れ込む時が問題だ。
今回は、四辺のうち二辺は、”網に乗ってローラーを押しながら”ゴムを入れた。この時に、外側の余っている網が溝の中に食い込むことを発見。残りの二辺は、”ローラーを引きながら”ゴムを入れた。ローラーを逆方向に回転させることにより、内側の網を溝に引き込むので、網がピンと張ってくる。(右利きの場合、時計回りにゴムを入れるのがいいようだ。私は中の網に乗って反時計廻りでゴムを入れていたが、方向間違いのようだ。)

Img_2880Img_2881  一か所だけ網にたるみがあったが、全体的にピンと張っていい出来具合になった。これなら上出来だ。
前回とは比べものにならない。

ようやく網戸の網交換のコツを見つけたような気がした。
猫に破られなければいいのだが・・・・

2010年7月11日 (日)

電話機が壊れた・・・

電話機が壊れた、電源が入らない、中の”基板”の寿命か?
いったい何年使ったのだろう?
本体のどこを見ても購入年月日を書いていない、やはり書くべきだ。
修理ということにはならないので、買い換えたのだ。

Img_2366 同じシャープのFappyというタイプにした。
本体の右側の目立たないところに『2010.7.10』と、マジックで書いた。
玄関のドアホンともうまく連動してくれた。

以前の機種と比べると若干小さくコンパクトになっているようだ。
ファックス用のA4用紙が邪魔になりホコリが入ることのないように
普段は蓋がしまっている。
ファックスが届いてから確認して紙を入れて印刷だ。
或いは、"SDでパソコンに取り込んで印刷"、"パソコンで作成した文書をSDを介して送信"、できるようだ。
電話帳もパソコンで編集できる。
便利になったなぁ・・・

Img_2365 電話機の上の棚に気持ちよさそうに長~く横たわって、時々、猫のカポエラちゃんが"吐いたモノ"がファックスに当たるのだ。
これが故障の原因という訳じゃないが、”A4用紙ホルダー”が無いと非常に助かる。
掃除がしやすくなるのだ。

2009年12月20日 (日)

ついに買い替え・・・・

ついに買い替えだ。

結婚した頃からずっと使ってきた”品物”のひとつ、灯油ポンプだ。

何と28年間使用したことになる。

70円の手動ポンプ、乾電池の電動ポンプなどがあるが

Img_1953 私が使用してきたのは、「ポリ缶ポンプ」だ。

乾電池不要、灯油漏れなし、が一番気に入っている点だ。

まだ使おうと思えば使えるが、ホコリと汚れで買い替えだ。

より以前の記事一覧

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30