« タマネギの植え付け | トップページ | 股関節痛の記録(退職後4年3ケ月、2018年12月31日) »

2018年11月25日 (日)

楽しい干し柿2018

Img_0419gimp Img_0420gimp 近くのスーパーのチラシに"愛媛県産愛宕柿"が出ていたので早速買ってきた。
本来ならば12月に入ってからが良いのだが、買いに行くのが遅れると、売り切れの心配もある。なので購入のタイミングには気を使うのだ。10kg入りを2箱買ってきて、92個入っていた。去年は20kgで85個でちょっと小さいと感じたが、今年は更に小さい感じである。20kg/92個=平均217グラムであった。
Img_0418gimp Img_0421gimp 明らかに、我が家の柿の方が大きいようだ。
11月3日から袋に入れて野菜室で保存していた柿は、特に問題なく"ヘタ"に被せていたティッシュも湿りが残っていた。
試しに秤に乗せてみると、240グラム〜280グラムであったことに喜びを感じるwww。
我が家の柿の木の収穫分8個を含めて、ちょうど100個となった。しかし出来上がってみると萎んでしまうので、個数が多いほうが良いような気もする。

何年も使いまわしてきた紐は、長さがバラバラでかつ古くなっていたので、今年は紐を作り直した。短いのを70cm、長いのを90cmの長さに切って、両端に結び目を作った。
Img_0426gimp Img_0427gimp いつもの様に熱湯で30秒消毒をしてからぶら下げた。
いざ、干し終えてみると、長短のバランスがそろっていて非常に綺麗で我ながら満足である。
愛媛県産を白い紐で、自宅産を緑の紐でぶら下げた。
鳥害(カラスなど)を考慮して網を被せた。
さらにカビを想定して、明日からしばらく焼酎を噴霧することにしよう。
この前、実験してみたが、「最高温度20度、最低温度12度以上」の環境で青カビ発生を防げたのは、焼酎噴霧の効果だろうと思っている。気温を見ながら、4〜5日焼酎噴霧することにしよう。
柿と柿が接触すると青カビ発生の原因になるとも書いてあったので、これも注意しなければならない。
二週間で出来上がるが、さらに含水率を減らして、三週間(12/15)を目標にしよう。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村   

[追加]
今日29日・・・、6日目であるが、風でビニールがかなり動いたのだろうか?自宅収穫分の大きな柿が落ちていた。"ヘタ"そのものが柿から外れたようである。直接の原因は、重量や風やビニール・網とのImg_0433gimpImg_0434gimp 接触だろうとして、「柿が大きすぎる(重すぎる)と良くない」と言える。さらに、「熟れ過ぎていた(収穫が遅かった)かもしれない」とも言える。
11月初旬に収穫して冷蔵庫で保存して、11月下旬に干したのであるが、将来収穫個数が多くなれば冷蔵庫での保存が不可能になるという課題が新たに発生した。
"ヘタ"が無くなったあとは、写真(右)の様に棒を刺してぶら下げることになる。全面的に焼酎でたっぷりと噴霧消毒をした。2日くらい雨天であったが、今日から晴天の温度上昇となるらしい。経験的に、一週間、青カビが発生しなければ大丈夫な気がする。
[追加]12月3日、一昨日から天気がわるく、今日は朝から雨だ。
 自宅収穫分の柿に青カビがImg_0442gimp 付いている。よく見ると、「ブト」が集まっている。
焼酎を噴霧してみたり、車庫に移動してみたりしたが、やはり「ブト」が寄ってくる。臭気も出始めたので、諦めて処分した。これで残念ながら、自宅収穫分は、全滅だ。この暖かさと湿度で含水率がぜんぜん下がらないのが問題だ。11月に一個だけを実験的に焼酎噴霧で干して成功したのだが・・・。今回の失敗は、やはり湿度かな?
Img_0447gimp  一方、購入分の92個は、室内にぶら下げた。扇風機の風を首振りで当てている。部分的に黒くなっているのもある。サッシ窓を開けたり閉めたり・・・、室内の湿度を下げるためにエアコンでドライ運転をしたり・・・、でしのいでいる。
これ以上の被害を何とか食い止めたいのだ。早く雨が上って、気温が下がってくれるといいのだが・・・。金曜日までは、このままかもしれない。
[追加]12/04
 家の中にぶら下げていた92個。早朝、見てみると"青カビ"発見。すぐに青カビが発生しているのを30個くらい外に出した。家の中の残りは、扇風機を"強風"にした。
Img_0450gimp  悩んだ挙句、冷凍することにした。
昼頃に良い物を選んで35個(7*5)を冷凍庫に入れた。

さらに夕方には、残りのうち青カビが少ないものを選んで、ツマヨウジでカビを除去して、冷凍庫に入れた。
[追加]12/05
 屋外で日光に当てて青カビが少なくなったものも選別して青カビをツマヨウジで除去して、臭気を確認して冷凍庫に入れた。
 最終的に、冷凍庫の中が、「記号無(5*7=35個)」、「記号1(3*7=21個)」、「記号2(1*7=7個)」、「記号3(1*7=7個)」となった。
Img_0452gimp  不良と思われる屋外の18個(左写真参照)は、焼酎を夕方噴霧したが、効果を感じられなかったので、室内にぶら下げて扇風機を直接当てることにした。
 扇風機は、「首振り」より「停止」して直接風を当てる方がいいようである。徐々に表面が乾燥してきた。青カビの進行が止まったようである。手でモミモミするうちに死んだ青カビが減っていくようである。
[追加]12/06
「悪い臭い」がないので、ひょっとしたら食べれ状態になるかも知れない(左写真参照)。
徐々に青カビが消えるようである。
18個程度なら、天候により出したり入れたりが容易である。
本格的な寒さが来たら、冷凍庫のモノを干すことにしよう。
[追加]12/08
Img_0460gimpImg_0463gimp 冷凍庫に入れずに室内・屋外を干したモノ(左写真)を試食してみたが食べれそうである。
青カビは、ほとんど気にならなかったし、甘味もあった。
なお、気温が下がったので、冷凍室の「記号2(1*7=7個)」、「記号3(1*7=7個)」の14個(右写真)を屋外に干してみた。
[追加]12/12
Img_0467gimp Img_0468gimp 冷凍庫に入れなかった最も悪い「屋外の18個」は、少しずつ試食するうちに、残りが3個となった。甘くて美味しかった(含水率がもうちょっと下がると良いのだが・・・・)。
昨日の雨で屋内に入れていた「記号2(1*7=7個)」、「記号3(1*7=7個)」は、ほぼ出来上がったがもうしばらく干すことにする。今朝、雨があがったので、新たに「記号1(3*7=21個)」を干した(写真左中)。これで購入した92個をひとつも処分せずに済む目処がついた。朝露で濡れるので、夜は室内に取り込んでいる。
[追加]12/14
「記号1(3*7=21個)」は、3日間干して完成したので全部取り入れて冷凍した。
冷凍庫の中の、「記号無(3*7=21個)」を干した。触れてみると、まるで"あんぽ柿"みたいに柔らかい。固くなってくれることを祈るのみだ。自分自身の湿気で青カビが生えないことを祈るのみだ。
[追加]12/18
「記号無(3*7=21個)」が4日間干して完成したので全部取り入れて冷凍した。冷凍庫の中の、最後の「記号無(2*7=14個)」を干した。
[追加]12/22
実は、前日が雨のために24時間室内に干していた。今朝、見たら、カビが生えているが、扇風機を当てなかったのが良くなかったのか?どこかにカビ菌が潜んでいたからカビが発生したのかも知れない。沸騰したお湯に30秒浸してから、屋外に干した。

[まとめ]
①一日程度の小雨ならビニールで雨よけして、2日以上になるようならば室内に取り込む方がよい気がする。
②室内で扇風機の風を当てる場合は、「首振り」よりも「停止」が明らかに良い。
③少々の青カビであれば、扇風機の風を当てたり日光に当てたりすることにより、「青カビ除去」できるようだ。沸騰したお湯に30秒浸してから干すのも良い。
④青カビ発生時の処理は、「湿気のある異臭ならまだOK」で、「ちょっとでも腐敗臭いがあれば処分する」だろうか?
⑤12月中旬までは店頭に並んでいるようなので、来年は「まとめて4袋購入」を「2週に分けて2袋ずつ購入」に変更する方がいいようである。

« タマネギの植え付け | トップページ | 股関節痛の記録(退職後4年3ケ月、2018年12月31日) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 楽しい干し柿2018:

« タマネギの植え付け | トップページ | 股関節痛の記録(退職後4年3ケ月、2018年12月31日) »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30