« ルイガノの分解・清掃・部品交換に挑戦(11) | トップページ | ルイガノの分解・清掃・部品交換に挑戦(12) »

2017年12月19日 (火)

干し柿の出来上がり?

例年、干してから二週間も経過すれば、「全部が食べられる段階」になるし、三週間目は「含水率を下げる時期に突入する」のが普通だった。
Img_0175gimp Img_0176gimp ところが、今年はちょっと違う気がする。
一つ目は、芯がある(外が柔らかくて中が固い)のが、数個(5〜6個)あるようだ。
二つ目は、二週間も経過すると、表面が「黒っぽく」なるのであるが、今年は、「オレンジ色っぽい」状態(どっちがいいのかはわからないが)である。

私が思うに原因は、
①私が"もみもみ"をサボったこと。
②成熟にほど遠い個体(初めから緑っぽい柿)があったのかもしれないこと。
③天候が干し柿に適していなかったこと。

などが考えられる。
こういう記録を残しておくと来年の参考になるのであります。
ちなみに、左写真の2個のうちの左側は、自家製(収穫)の貴重な愛宕柿である。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村   

[12/21追加] 上の左写真の左の貴重な愛宕柿を家内と半分ずつ試食・・・、愛媛県産に劣らないくらい美味しかった。種が一個も無かったのが非常に嬉しい。
[12/22追加] 12/02にぶら下げてから20日後の今日、全部取り込んでビニール袋に入れてImg_0197gimp ストローで真空吸い取りして冷凍庫に保存した。
芯のあったヤツを試食してみたが表面に固さが残っていた。芯のあるヤツは、モミモミした方がいいような気がする(来年実験しよう!)。

« ルイガノの分解・清掃・部品交換に挑戦(11) | トップページ | ルイガノの分解・清掃・部品交換に挑戦(12) »

日常生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2046425/72488059

この記事へのトラックバック一覧です: 干し柿の出来上がり?:

« ルイガノの分解・清掃・部品交換に挑戦(11) | トップページ | ルイガノの分解・清掃・部品交換に挑戦(12) »

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28