« 2016年6月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年7月

2016年7月30日 (土)

久し振りの"ぎっくり腰"

何年ぶりだろうか?
前回の"ギックリ腰"は、もう記憶にない。
最近の"ギックリ腰"は、いつも軽症であるが、「いつ、"ギックリ腰"になったかがはっきりしない。」のが常である。
気付いたのは、今朝起きて階段を降りる時である。
夜中に寝返りした時に"ギク"ったのか?
それとも、一昨日の佐伯行き・・・、昨日の西都行き・・・と、久し振りの長距離運転が腰に悪影響を及ぼしたのか?
最近何をするにも、「やる気が起こらなかった。」というのが"前触れ"だったのかも知れない。
直立不動で歩くことはできるが、ちょっと前かがみになる時や起き上がる時などは"ギックリ腰"の症状になる。
普通のギックリ腰は動けなくなるが、軽症ギックリ腰の場合は多少は動ける。
氷で腰を冷やしてみたり、腰ベルトを巻いて静かに過ごし、身体を休めるしかない。

去年の自分と今の自分を比較して、今の自分の調子の悪さを痛感する。
こういう時に、一年経って体力が落ちたのを実感する。
現状維持が非常に大切である。
これが"老いとの戦い"だろう。

朝の股関節体操は中止だ。
朝夕のウオーキングも中止だ。
非常に残念である。
梅雨が終わり毎日うだるような暑さが続く。
正直に言うならば、ホッとしている自分が、楽な方を選びたくなる自分がいるような気がする。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村   

2016年7月25日 (月)

我が家も"ブルーベリー"が・・・

ようやく我が家も"ブルーベリー"が実るようになった(笑)。
去年までは、良くて2〜3個、悪けりゃゼロの状態だった。
Img_6997pinb Img_6998pinc 今日、気になって久し振りに見てみたら、あちこち実が付いている。
黒っぽく熟しているようだ。
数えてみたら、大小11個を収穫できた。
少ないかもしれないが、我が家にしては上出来である(笑)。
ジャムを作る程ではないので、食べてみたら非常に甘かった。
来年からが楽しみである。

ところで、我が家のブルーベリーは、お隣さんとフェンスを挟んでお互いに近づけて植えている。Img_6995pina受粉の可能性を少しでも高くしようという考えである。
不思議なことに"蔓"になる気配が感じられない。
まっすぐに上に伸びるのみで、高さが2mを超えている。
強引に曲げてフェンスに絡ませるべきだろうか?悩むところである。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村   

[メモ追加]

品  種 ラビットアイ系ホームベル
撮影年月 2011.12(購入時)、2012.04、2013.09

2016年7月21日 (木)

チューブの不良品?

前の記事(7月15日の日記「パンク!」)とは関係無い話ですが、

クロモリロードの後輪がパンクしているのに気づいたのが、7月7日だった。
最後に乗ったのが5月20日であるが、その時は、パンクしていなかったのである。
玄関先に止めているので、「ひょっとして誰かがいたずらしたのか?」と思い、タイヤを調べるけど傷らしきものは無い。
Img_6980_a Img_6981_b チューブを外して、パンク箇所を調べようと空気を入れてみてすぐにわかった。
左写真が空気を入れる前の状態で、右写真が入れたあとの状態で、割れ目がはっきりわかる。
バルブ周囲のゴムが厚い部分に出来たひび割れから大量に空気が漏れる
これと全く同じことを以前にも経験している。

Img_6982_c そのときのチューブは、SCHWALBE(シュワルベ)であったが、今回のチューブは、Panaracer(パナレーサー)である。
どうやら「特定のメーカーの製品が良くない。」という事にはならないようだ。
個体そのものが良くない(製造過程での品質管理が悪い)のか?
それとも長く使うと自然劣化でこうなるのか?

使えなくなった古いチューブがたくさんあるので、バルブ付近を伸ばしてチェックしてみた。
特にひび割れは無くいずれも正常なようである。

パンク修理で交換した予備チューブにこのような現象が起こったらとんでもないことになる。
予備チューブが2本あった方がよいことになる。
いずれにせよ、"原因"をはっきりさせて、何らかの"対策"をしたいものである。

(前回の経験) 2015年3月25日 (水)
日記「音の出ないパンク"の原因究明?」
http://gue3.cocolog-nifty.com/blog/2015/03/post-fad3.html

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村   

2016年7月15日 (金)

パンク!

「もう梅雨が終わるだろう。」、と2〜3日前から思っていた。
朝から晴れていい天気になったので、久し振りに自転車に乗ってみた。
P7151058pinta P7151059pinta 一ツ瀬川に架かる国道10号線の日向大橋・・・
ほぼ橋の本体は出来上がりのようだ。
取付道路の盛土工事が始まっている。
開通が楽しみだ。

帰りは県道372号を南下する。
P7151060pinta 前にも見たことがあるが、遠くで"パラグライダー"が気持ち良さそうに飛んでいる。

思わずカメラを向けた。

もし、命が二つあるならば、真っ先に挑戦してみたいスポーツである。

"市民の森"まで来たときに、後輪が変な感じ・・・
音もなく空気が抜けて、ガタガタ・・・である。
久し振りのパンクだ。
市民の森の公園の中の東屋に入り、椅子に座りテーブルの上で日陰でパンク修理。
P7151062pinta_2 P7151063pinta2 P7151065pinta2 釘が刺さっている(左写真)が、手で引っ張っても途中から抜けない(中写真)。
どうやら途中から曲がっているようだ。
タイヤを外してから、ようやく釘を抜くことができた(右写真)。
こんな釘が道路にあるなんて、あまりにも酷すぎると思うが、これが現実だ。
あまりにも運が悪すぎただけのことである。私の人生そのものである気がする。

若干熱いけど、時折涼しさを感じるサイクリングであった。
パンクがなければいいサイクリングだったのに・・・ ・・・ ・・・ 。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村   

2016年7月 1日 (金)

ベロニカグレース

今年も6月が終わったということは、「一年の半分が終わった」ということで、何となく感慨深いものがあるのは、誰でも同じだろう。一方、このジメジメした梅雨が早く明けて欲しいと勝手なことを思うものである。

Img_5990_e_from_11 去年の暮れ11月頃に買ってきて、鉢植えした(写真)。

その後、順調に育っていた"ベロニカグレース"・・・。

葉っぱの雰囲気が良くて何となく気に入った"株"であった。

Img_6870e_from_6 Img_6871c_from_6 春が来て暖かくなり、"初花"が咲いたばかりであった(写真)。

派手な花ではないが葉とバランスがいい。

梅雨の6月末、よくよく見たら葉に"斑点"が出来ていた。
なぜだろう?もちろん原因不明である。対策のしようがない。
Img_6935a Img_6936b 次の日は、さらにひどくなっていた(写真)。

枯れている枝枯れてない枝があった。

Img_6937c Img_6957a 枯れてる枝を根っこ付近から切断した(左写真)

[7/10追加] 右写真は、2〜3日後の状態。

果たして蘇ってくれるだろうか?

せっかくここまで大きく育ったのに・・・。

大事にしている植物ほど、被害のときのショックが大きくなるようだ。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村   

« 2016年6月 | トップページ | 2016年9月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31