« ・・・インターネット接続できない・・・ | トップページ | パソコンの"死"の瞬間・・・・ »

2014年3月17日 (月)

★身体不調の備忘録

月日が経過すると記憶があいまいになってしまうようだ。そこで、今までの身体の不調の経過を思い出してまとめてみた。
-----------------------------------------------------------------
(H23.9頃) 右の"股関節痛"発症
       この時に、整形外科に行ったが、異常なしで運動しながら治し
       ましょう・・・であった。
(H24.1頃) 普通に過ごして、約4ケ月で治ったようである。
             ソフトバレー大会(二部)で頑張りすぎて(?)、左"股関節痛"発症
(H25.4頃)  6家族旅行では、左右の"股関節痛"階段を上るのに非常に苦痛
       を伴った。
(    5頃)  以前からの"右足の痺れ"が悪化したので、"腰の牽引"治療を始
       める。
                筋肉の炎症を緩和する薬とシップを試みるが、効果なし。
       さらに職場で毎朝ストレッチを始める
(  9-12)  治る気配がないので、ついに"バレー"を一時休止とした。
               このころは、左右の股関節が痛む最悪の状態。
(  9-10)  右半身の痺れのためにペインクリニック(漢方薬)に通院、効果なし。                         
(H26.1- )   このころには、右の痺れが"緩和"された感じがする。
       "緩和"の原因は不明(ストレッチ?ペインクリニック?牽引?)である。
       股関節痛もある程度良くなり、左股関節のみに若干の痛みが残って
       いる。ある程度良くなったので久しぶりにミニバレーから開始するが、
       やはり股関節が痛くなった。今度は、歩く時に痛みを伴うようだ。
       腰の牽引は、回数を一週間に一回に減らして継続する。
       ミニバレーは、回数を減らすことにした。
(H26.1.18-2.10) 
                ノロウイルスに感染して、バレーはこの間当然中止した。
(H26.2)    自転車を漕ぐのには痛くないので頻繁に自転車に乗る。
(H26.3.21)  ミニバレーをやると歩く時の痛みが激しくなってきた。やはり、「・・・運
       動しながら治す・・・」という考えは通用しないようである。ウオーキン
       グ・ストレッチ・自転車以外の運動は、もうやめることにした。
(H26.3.22)  他の整形外科に行ってみたが、レントゲンでは股関節はきれいで
       異常なしだった。前の整形外科とは異なる"飲み薬"をもらった。
(H26.4.4)  二週間分飲んだが、何も効果なし。
       股関節をもみほぐしてみたが、何となくいいような気がしたので、
       何回ももみほぐししたが、結局、関係ないような気がした。
(H26.4.5)   ホームページでみつけた市内にある"中村はり灸整骨院"に行って
               みた。"股関節に症状が出ている"だけであり、"股関節が悪い"わけ
       じゃないとのこと。腰の電気治療・レーザー治療・壺をマッサージ・腰
       のホットパックを受けた。最低でも週に2回は、治療した方がいいと
       のことである。しばらく通院してみよう。
(H26.4.12)  どのくらいで効果が現れるのか?聞いてみたところ、「10回くらいで
       どうなるか?」が最初の段階である
とのことなので、10回を目指して
       通院しよう。現時点で3回通院した。
       "もみほぐし"についても聞いてみたが、「痛い部分をもみほぐすの
       は止めた方が良い・・・」とのことであった。あくまでも悪いのは股関
       節じゃなくて、「脊髄の血流じゃないだろうか?」とのことであった。
       このことを信じるならば、「現在、股関節以外の部位、左外側の太も
       も、が痛む・・・」ことの説明は付きそうだが・・・、果たして?
       4/10の夜勤の時であるが、いつもよりも痛みが少なくなった感じが
       したが、次の日は、もとに戻ったようである。
(H26.4.29)  4~5回目の通院後に効果らしきものを感じるようになった。一つ
       は自転車で坂道を漕ぐときに左股関節に痛みを感じていたがこれが
       緩和されたこと、もう一つは歩く時にビッコを引かずにしばらく歩ける
       こと、である。ただこの効果は持続する訳ではなくすぐに元に戻るよ
       うである。また突然、ビッコ無しでしばらく歩ける時がある。
(H26.5.16)  押川整形外科に行ってみた。
       
レントゲンを見て、
       「股関節は悪くない、背骨の骨の間隔が狭く神経を圧迫している」
       であった。
       トリガーポイント注射を打ってもらい薬ももらった。
       注射の効果が一週間持続するということであったが、痛みが半減
       したものの一日で効果が無くなったようである。
       あとは薬が効けばよいのだが・・・。
       同時に、整骨院は止めることにした。通算で13回通ったことになる。(H26.05.31) 押川整形外科
       前回の"トリガーポイント注射"の効果が一日しか持続しなかった。
       坐骨神経痛の"ブロック注射"を二本を討ってもらった。
       このブロック注射・・・、注射の後は痺れで歩けないので安静が
       必要なようで、ベッドに1時間45分横になっていた。
       病名は、"脊柱管狭窄"と"坐骨神経痛"が重なっているような
       感じらしい。
       これが原因で"股関節痛"と"左半身のしびれ違和感"を引き起こ
       していることになる。
       改めて聞いてみたが、『股関節そのものが悪いことはない』という
       ことであった。
(H26.06.07) 押川整形外科
       前回の"ブロック注射"の効果が二日くらいで、その後徐々に薄ら
       いでいった。
       坐骨神経痛の"ブロック注射"を三本を討ってもらった。
       別の整形外科で撮影してもらった腰のMRIのCDを先生に提出した。
(H26.06.21) 押川整形外科
       一回目の"脊柱管狭窄"のブロック注射。次の日、なんとなく全体的に
       ある程度は良くなった気がするのだが、左股関節の最も痛い部位に
       限って言えば、変わらない気もする。
(H26.06.28) 押川整形外科
       前回の報告をして、718日に次のブロック注射を予約。「それでも
       ダメの時 は、保存療法の限界ということになるので、専門の整形外科
       を紹介します。」とのことであった。
(H26.07.18) 押川整形外科
       二回目の"脊柱管狭窄"のブロック注射をした。6/20からちょうど四週間
       目である。いつものように2時間の安静・・・、帰宅後そして三連休を
       なるべく静かに過ごした。今のところ、歩くだけならビッコなしで歩ける
       ようだが、股関節にちょっとしたひねりを加えるだけで痛みを感じる。
       二週間ほど前から椅子に座ると左股関節が痛む症状を感じていたが、
       この症状も緩和された気がする。総合的にブロック注射の効果が感じ
       られる気がするが、問題はこの効果が「何日持続できるか?」である。
(H26.07.25) 押川整形外科
       一週間後に、結局、「ブロック注射が2日しか効果がなかった」の報告を
       せざるを得なかった。ペインクリニック(押川整形外科)では、これ以上
       治療が出来ない・・・ということで、県病院への紹介状を書いてもらった。
(H26.08.01) 県病院。
       紹介状とMRIのCDを持って県病院へ。
       意外にも、「股関節痛の原因が腰(脊柱管狭窄症)であると断定できる
       要因が見つからない。」ということであった。股関節のMRIを予約。
(H26.08.16)  県病院。
       県病院でのMRIの結果であるが、所見としては、「股関節そのものは
       正常である。股関節に水が少し溜まっている。抜くほどの水ではない。
       脊柱管狭窄症であると断定できる要因が見当たらない。」であった。
       確認のために、血液検査をした。全部で6本。
       自転車通勤を止めて車通勤をすることにした。
(H26.08.20) 県病院。
        前々回の"MRI"と前回の"血液検査"の結果からの最終的な"所見"
       聞いたのであるが、思い出しながらまとめてみると、
       ①脊柱管狭窄症は考えられない、狭い部分もあるがもしこれが原因
        なら膝下に影響が出るはずである。
       ②股関節付近の炎症を表す数値は正常である。
       ③股関節に若干水が溜まっているが透視室で抜いてもほとんど抜け
        ないだろう。仮に抜いても痛みの緩和にはならない。
       ④関節リューマチを示す数値は正常である。
       ⑤最も考えられるのが、"股関節唇損傷"と" FAI(後出)の可能性"が高い。
       であった。
       とりあえず、「薬を一ヶ月分出してもらい・・・、激しい動きを避けて日々を
       過ごす・・・、どうしても痛みが激しい時は来ても良い。」で様子を見ること
       となった(薬が効かなければ一ヶ月我慢しなければならないのだが・・・)。
       「どうしてもダメの時は、再度MRI・・・、そして手術の検討・・・、ということ
       になるかもしれない。」のである。
(H26.08.23) 整骨院へ。
      試しににダメもとであるが、カイロプラクティックに通い始めた。08.30二回
      目のときであるが、左足を予告なしで引っ張られてしまった。思わず、「痛        いっ!」と声が出てしまった。この痛みが治るのに、二日かかった気が
      する。その後、この整骨院には行ってない。
(H26.09.17) 県病院へ。
      薬を45日分出してもらって、自宅安静で様子をみることにした。つまり、
      運動不足にならないように自転車を活用するなどして一ヶ月を過ごして
      様子を見る。次回を月末に予約した。
(H26.09.30) 自宅で安静治療するためについに会社を辞めた。
      ここで、9月末の状態を記憶しておく必要がある。
      ①夕食後に、仰向けになっても痛い、座布団を足に挟んでも痛い、
       痛くないポジションがなかなか見つからない状態であった。
       股関節の前方がチクチクする痛みが昼ごろから続いている(以前
       もあったが)。膝のちょっと上に痛みを感じる。さらに、膝関節の
       内部にまで痛みを感じる。左太もも全体をもみほぐした。さっさと
       寝ることにした。翌朝起きるといくぶんか回復していてホッとした。
      ②ここ一週間くらいだろうか?左足(股関節部)を伸ばそうとするとき
       に伸びないときがあった。いわゆるロックがかかったような状態
       が2〜3回あった気がする。これが徐々に増えていくと、何となく
       怖い気がするが・・・。
(H26.10.01) サイクリングとトレーニングジム(目標週二回)を開始した。
(H26.10.15) ついに宮崎大学医学部病院に行った。
      ①股関節唇が損傷して、軟骨が損傷して、骨棘が成長している段階である。
      ②教えてもらった股関節体操(?)を6週間続ければ、痛みは取れるはずであ       る。
      ③次回は、6週間後に予約した。
      ④それで治らない時は、手術するしかない。
      ⑤自転車には乗っても良いが、痛い動きは禁止。

      股関節体操を始めた。6週間の予定で、次回は、11/26(水)に予約した。
      10/16頃に県病院の予約(10月末)を解約した。
(H26.11.26) 宮崎大学医学部病院(二回目)
       報告概要(階段を左足で登れる、ロックは時々ある、太ももや膝上下
       の痛みは和らいだ、全体的には痛さは変わらず)
(H26.11ーH26.12)股関節体操・・・、・・・三日坊主の繰り返しが多かった・・・。
(H26.12.08ーH26.12.12)"某スポーツクリニック"に行ってみた。初診とその後二回
      通院して、股関節体操を指導されただけで、行く必要を感じなくなり、
      三回で止めた。
(H27.01ーH27.02)股関節体操・・・、本格的にやれるようになった。
(H27.01.17ーH27.02.17)"天狗の手"に通い始めた。施術そのものは、非常に
      良かった(全5回)。筋肉をほぐしてもらうことで、部分的に筋肉疲労
      が回復した感じがした。これで、正座が出来るようになった。股関節
      周囲の筋肉も多少はほぐれた感じがあった。
      施術とは別に、ストレッチの指導を受けた(全5回)。あとは、自分で
      やることにして、通院を止めた。
(H27.2.28)
   ①寝返りするときの痛み、座るときの左尻の痛み、などなど・・・、こういう
    痛みは、今も変わらない気がする。
   ②10月は、手摺にしがみつくように階段を登っていたが、11月頃から、手摺
    を利用せずに登れるようになった(これは、明確な変化である)。
   ③2月から正座が出来るようになった(これは明らかに"天狗の手"の成果
    である。)
   ④"自転車漕ぎ"と"週一回の運動公園スポーツジム"と"一日二回(朝夕)の
    股関節体操(18種類)"をやっている。
   ⑤"やってはいけないこと"と"やっていいことの区別"がつかない気がするが、
    痛くない範囲で手探りでやるしか方法がない。
   ⑥股関節の調子がいい時と悪い時があるのだが、試しにいい時に"杖付き
    ウオーキング(2月)"をしてみたら、約500mが限界であった。

« ・・・インターネット接続できない・・・ | トップページ | パソコンの"死"の瞬間・・・・ »

心と体」カテゴリの記事

コメント

COMMENT:
AUTHOR: 風子
DATE: 03/21/2014 11:45:44 PM
お大事にして下さいね。
-----
COMMENT:
AUTHOR: 宮娘2
DATE: 03/22/2014 12:19:24 AM
自転車の記事またアップしてくださいね!

よくなる方法がわかってよかったですね。
-----
COMMENT:
AUTHOR: 日向夏
DATE: 03/24/2014 10:22:31 PM
風子さんへ
コメント、ありがとうございます。
これが老化現象なのでしょうねぇ・・・一気に落ちそうです(苦笑)。

-----
COMMENT:
AUTHOR:
DATE: 03/24/2014 10:25:13 PM
宮娘2さんへ
ジャンプが落ちそう!一昨年は55cmだったのに、もう50cm未満かも?
49と50じゃ、大違い・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ・・・インターネット接続できない・・・ | トップページ | パソコンの"死"の瞬間・・・・ »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31