2017年12月13日 (水)

ルイガノの分解・清掃・部品交換に挑戦(7)

Img_0128gimp Img_0127gimp 前後ブレーキ(左写真が"前ブレーキ"で、右写真が"後ブレーキ")は、4年くらい前に新品購入交換した"ティアグラ"である。
ティアグラ4600シリーズである。
ネジ部が少々サビが出ているのが気になるが、まだまだ使えるだろう。今後は、ちゃんとメンテしよう。
Img_0131gimp 先月頃、中古品で購入したデュアルコントロールレバー(STIレバー)(左写真)は、一応「105(5500シリーズ)」であるが、今となっては古いタイプである。
こんなアルミの自転車に新品はもったいないし金もないので、「STIレバー(105)」と「コンパクトクランク(ティアグラ)」は中古品で我慢したのである。
他のパーツは新品であるが、ワイヤーケーブルとアウター(ケーシング)類を再利用するところが非常にケチくさい感じがするが、節約するところが無かったからである。
中古ワイヤーを使用すると、ワイヤーが時々ほぐれるので、アウター(ケーシング)などに入れにくくなるのが難点である。
特に、デュアルコントロールレバーにシフトワイヤーとブレーキワイヤーを差し込むのに苦労した。
たいした問題ではないが、アウター(ケーシング)のエンドキャップが必要なところと必要でないところが有るようだ。
Img_0137gimp Img_0138gimp Img_0141gimp 前後ブレーキ(左写真は、後ブレーキ)は、エンドキャップ無しで受け部にケーシングを差し込むようななっている。
フレームのアウター受け部(中写真)は、エンドキャップをはめてから差しこむようにつくられているようだ。STIからシフト(ブレーキ)ワイヤーが出てくる部分(右写真はシフトワイヤー)は、エンドキャップが必要だ。
Img_0136gimp ブレーキ・STIレバーの取付とブレーキワイヤー・シフトワイヤーの取付は、終った(左写真)。
細かな調整は、最後にまとめてやる予定である。
明日は、いよいよ前後ディレイラーとチェーンの取付である。

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車 レストアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村   

2017年12月10日 (日)

ルイガノの分解・清掃・部品交換に挑戦(6)

Img_0100gimp Img_0102gimp Img_0103gimp ボトムベアリングが外部ボトムベアリング(左写真)になると今後のメンテが楽になる。
外部BBとクランクと合わせてのシステムとして、「ホローテックⅡ」と言われている。
外部ボトムベアリングの取付は、簡単にできた。
Img_0106gimp Img_0107gimp ベアリング部分にねじ込み方向の矢印があるので非常に助かる。
専用工具を活用してねじ込むことになる。
左右の部品をねじ込んで完了である(左写真)。
中に緑色のグリースが見える(右写真)。

Img_0109gimpImg_0112gimpBBが終わったら、クランクを挿入する。
中古のコンパクトクランク(左写真)を購入した。
ティアグラの歯数50×34である。
以前のはノーマルクランクだったので、これから坂が助かることになる。
Img_0120gimp Img_0126gimp 右クランクのクランク軸を挿入し左クランクを挿入した時に、完全に中まで入らないが、専用工具(上右写真の中央部の部品)を使ってキャップを締め付ける(左写真)と徐々に中まで入っていく。
あまり締め付けると、クランクが回りにくくなるので、ちょっと緩めることになる。
ペダルを付けて回転具合を確認したので、「OK」としよう。

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車 レストアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村   

2017年12月 7日 (木)

ルイガノの分解・清掃・部品交換に挑戦(5)

今日は、8段カセットスプロケットを外して10段カセットスプロケットを取り付ける考えであるが、「果たしてフリーハブが10段に対応しているかどうかがわからない」ままでの作業である。
Img_0081gimp Img_0082gimp Img_0083gimp カセットスプロケットはフリーハブに差込み、右ねじを切ったロックリングでフリーハブの外ねじにねじ込み固定されているので、ロックリングを左に回せば外れるはずである。
ロックリング工具(ロックリングリムーバー)とモンキーをはめて、スプロケット抜き(チェーン状の工具)をはめて(左写真)、モンキーを左に回したら、簡単にロックリングが外れた(中写真)。スプロケットも簡単に外れた(右写真)。
Img_0092gimpImg_0093gimp_2   ロックリングを外したあとの穴に古いグリースがあったので除去して水洗いした。新しいグリースを注油した(左写真)が、「果たして注油すべきだったのか?注油不要だったのか?」わからない。
10段カセットスプロケットをはめてみたが、0.3mmくらいハブの長さ(奥行き)が足りない感じがしたが、「問題なし(ちょっと気になったが)」と判断して、ロックリングをねじ込んだ。「10段に対応したハブであったのかどうか?」、今だにはっきりしない。
ロックリングをねじ込む時に、「滑らかなねじ込み」と言うよりも「ゴリゴリ感のあるねじ込み」だったことが気になった。
Img_0094gimp_2Img_0095gimp 一応、10段カセットスプロケットの取付が終わった(左写真)ので自転車に後輪を装着してみた(右写真)が、今のところ、問題ない気がする。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村   

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車 レストアへ
にほんブログ村

2017年12月 5日 (火)

ルイガノの分解・清掃・部品交換に挑戦(4)

Img_0055gimp 本体の油汚れを落とすために、EVERSのチェーンクリーナーを買ってきた。
役に立たない時は、チェーン用に使えばよい。
吹き付けてしばらく置いてからウエースで磨くものの、油汚れが落ちる感じがしない。これじゃチェーンもきれいにならないかも?

Img_0060gimp Img_0061gimp Img_0062gimp 倉庫で自転車用のクリーナーを見つけた。
Finish LineのBike Wash(左写真)である。
吹き付けて、ウエースで磨いてみた。
かなり力を入れて時間をかけてみがいてみた。
時間をかければ、何となく多少は汚れが落ちる感じがする(洗浄前・・・中写真、洗浄後・・・右写真)が、非常に疲れる。よし、これで気長に頑張ることにしよう。

Bike Washである程度汚れを落としたものの、まだ落ちない汚れが気なるので、台所に有る洗剤(co-opのクリームクレンザー)を試してみた。
Img_0064gimp Img_0065gimp 明らかに落ちるようだ。スポンジに洗剤をしみこませて、ゴシゴシ・・・、よく落ちる。
左写真が磨く前で、右写真が磨いた後である。
コンパウンドが入っているのだろう。
サンドペーパーよりは、塗装を傷めないだろう。
Img_0066gimp このクリームクレンザーで全体を磨いて、ほぼ妥協できるところまできれいになった。
しかし、何となく塗装面のツヤ(ピカピカ)が無くなった感じもするがしかたない。サンドペーパーを使わずに済んだから、ヨシとしよう。
この上に、ワックスみたいなものを塗布すれば満足なのだが・・・・。以前、クロモリロードをスプレー塗装した時のように、ウレタンクリアーでスプレー塗装する方法があるが、今回はやめておこう。

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車 レストアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村   

2017年12月 2日 (土)

今年も干し柿の季節・・・

Img_0043gimp 今年も干し柿の季節がやってきた。
いつものスーパーから愛媛県産愛宕柿を買ってきた。
5kg袋を4袋で85個。2400円。見た感じ今年はちょっと小さい感じがする。
5kg×4/85=235グラム(一個平均)である。
我が家で採れたのが1個あるので合計86個

Img_0044gimp Img_0045gimp いつものように皮をむいて、お湯に30秒浸して消毒して、ようやく干し終わった。
今年は、物干し竿を「普通の物干し竿」から「布団干し用物干し竿」に買い替えたので安心である。
二週間後には食べることができるだろう。
繰り返し再利用している吊り紐が長すぎるのと短すぎるのがあって、みっともない感じがする。
来年は、紐をつくり直そう(苦笑)。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村   

[12/03追加]
Img_0051gimp 野鳥対策のネットをしていなかったので、昨日夕方からネット張り。この時期は雨は無いのが普通であるが、異常気象の影響か?今朝は、小雨が降りだした。ネットの上に、雨対策のビニール張り。ハンガーと洗濯ばさみを有効に活用する。ネットの下が開いていることを野鳥に知られたらマズイことになる。これから野鳥との「知恵比べ」が始まることになるのだ。

ルイガノの分解・清掃・部品交換に挑戦(3)

Img_0028gimp Img_0030gimp Img_0031gimp 自転車用の洗浄剤がわずかしか入っていなかったが、自動車用の洗浄剤があったのでこれを使うことにした。
自動車用でもある程度の汚れは落ちるが、やはり油汚れは落ちないようである。
Img_0025gimp Img_0036gimp 次に、灯油をウエースにしみこませて磨いたが、油汚れは多少は落ちるものの全部はなかなか落ちないようである。
左写真が「清掃前」で、右写真が「清掃後」である。
わかりきったことであるが、「白い色の自転車は良くなかった。」と思う。

もっと強力な洗浄液を探してみることにしよう。

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車 レストアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村   

2017年11月30日 (木)

ルイガノの分解・清掃・部品交換に挑戦(2)

Img_0033gimp 老後の二人生活には大きすぎる食卓を処分するところだったので、処分する前に作業台として最後の活用・・・。腰が悪いので、作業台があると非常に助かるのである。園芸作業にも使えそうだ。何となく、処分するにはもったいない気がしてきた。
そろそろ、Amazonに注文していた80cm×80cmのハイコタツが届く予定である。

さてと、ペダルが外れない!クランクが外れない!困ったものである。
まずは、ペダルは、「右は右ネジ、左は左ネジ」であるが、回らない、CRCをしみこませて待つ、回らない、ペダルの裏側が六角レンチになっているので力が入らないのである。
Img_0015gimp 次に、クランクキャップを外した後の作業だが、「クランクをボトムブラケットのクランク軸に固定するボルト(左写真)」は、「右は右ネジ、左は左ネジ」じゃなかった。「両方共に右ネジ」だったが、とにかく外れて良かった。
ところが、「・・・固定するボルト」は外れたものの、クランクが外れない。引き抜くだけのことであるが、長年の固着で外れない。CRCを注入して待つしか無い。
休憩して、自転車探検!を見てみると、「クランクをクランク軸から外すクランク抜き工具」というのがあるようだ。
Img_0016gimp Img_0017gimp Img_0018gimp よくよく思い出してみると、この工具(左写真)は前回購入していたはず。部品交換後は、"カートリッジボトムブラケット(既設品)"を止めて"外部ボトムブラケット(ホローテックⅡ)"を使うことになるので、この工具は今回が最後の使用になるだろう。
次にカートリッジボトムブラケットの取外しであるが、これまた外れない。CRCを注油してしばらく放置・・・、ちょうど昼食の時間である。
またしても、自転車探検!を見る。
Img_0019gimp Img_0020gimp Img_0021gimp カートリッジボトムブラケット(JIS規格)は、「左側は右ねじ、右側は左ネジ」となる。ややこしい。仮に正しい方向に回したとしても、まったく回らなければ、心情的に逆方向に回そうとしてしまう。これの繰り返しになるのが怖いのである。
Img_0022gimp Img_0023gimp CRCをしみこませたあと、「左側は右ねじ、右側は左ネジ」に従ってモンキーレンチを当ててカナヅチで叩いたり、さらに石頭ハンマーで叩いたりして、ようやく外れた(上写真3枚、左写真2枚)。
これで、次は清掃・汚れ落としの段階になる。

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車 レストアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村   

2017年11月27日 (月)

ルイガノの分解・清掃・部品交換に挑戦(1)

いつもサイクリング用に使っている"クロモリロード(3×10速)"は、若干重いので輪行には向いていない。
Img_8033gimp 以前、通勤用に使っていたルイガノの"アルミロード"があるので、これを分解・清掃・部品交換して"元通勤用"から"輪行用"に変更しようという考えである。
ところがこのルイガノのアルミロードは、2×8速で、しかもノーマルクランク(50×40)なのである。これをコンパクトクランク(50×34)に変更し、かつ、2×10速に変更したいのである。部品をひとつ変更しようとすると、それに伴って別の部品交換が必要となる・・・自転車の宿命かも?前回のレストアから実に4年ぶりのレストアである。思い出しながら少しずつやろう!

Img_8043gimp Img_0001gimpSTIレバーのゴムカバー(左写真)がボロボロになっていたので、取り替えの時期でもある。
今日は写真撮影と部品外しに終わり、クランクは外せなかった(右写真)。
クランクを外すのは、いつもいつも一苦労である。
Img_0003gimp Img_0005gimp Img_0009gimp 一方、ステムの上のトップキャップが出っ張って(左写真)いて、以前から気に入らなかったので、スペーサーを入れ替えて出っ張りをなくしてみることにした。

Img_0012gimp Img_0013gimp 結果的に、1cm弱くらい出っ張りが無くなったが、その分ハンドルが高くなったことになる。トップキャップの六角ボルトを回すと"くさび形うす"が緩むのかなと思ったが、問題なかった。クロモリロードの古いタイプの時は構造を理解できたが、最近のタイプは"自転車探検!"を読んでも理解できない。今後の課題として様子を見ることにしよう。

明日もままで洗剤をぶっかけて清掃することにしよう。今まで、ほとんど分解清掃していないので、汚れがたっぷり付着している。「果たしてどこまで汚れが取れるか?」が問題である。
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車 レストアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村   

2017年11月26日 (日)

二回目の釈迦ヶ岳

「自分の股関節がどこまで耐えられるか?」ということで、昨日の土曜日に友人と二人で釈迦ヶ岳に登ってきた。10年位前に登った時は、非常に楽に登れる山だった記憶が有る。平坦が長々と続き最後だけがちょっとした岩場上りという記憶が有り、あまり苦労した記憶はない。
Pb250187gimp Pb250190gimp 登山口の看板によると標高が830mで登山口が280mなので標高差が550mとなる。股関節の悪い私にとって550mはちょっと高すぎる気がするが、いまさら引き返すわけにいかない。
五合目付近で汗ばんできて、上着を脱いでTシャツだ。

Pb250193gimp約2時間10分で頂上に・・・。
下りは1時間50分だった。
股関節への影響と右膝痛を感じつつ下山して、帰宅後はかなり痛みを感じたが、2〜3日休養してからウォーキングを再開して、そのうちに元の状態に戻ることができれば、「自分の予定通り」である。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村   

[追加11/27] 二日後の月曜日、股関節痛は感じられないようである。明日からウォーキングを再開することにしよう。

2017年11月 7日 (火)

気になる愛宕柿の成長2

Img_7977gimp 順調に成長してきた3個の愛宕柿が全体的に黄色くなってきた。
11月に皮を剥いてぶら下げると、こっちでは"青カビ"が発生するので12月初旬に収穫して皮を剥いてぶら下げたいのである。
それまでは固いままで、柔らかくならない方がよいのである。
今まで、直径を測定してきたが、08/27時点で
「57.5mm、54.6mm、60.2mm」だったのが、今日の測定で、
「75.1mm、74.0mm、76.0mm」だからかなり成長したことになる。
参考までに今までの成長記録は、
http://gue3.cocolog-nifty.com/blog/2017/08/post-97b7.html
に書いてある。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村   

[追加11/11] 3個のうち2個を収穫してみた。ふたつで重さが520グラムであった。 「いつ頃Img_7989gimp_2まで収穫せずに放置できるか?」を試すために一個を残した。収穫した2個は、しばらく台所に置いておこう。「干さずにどのくらい保存ができるか?」を確かめるためである。


[追加11/19] 収穫した2個が台所で一週間経過した。若干色が濃くなってきた。
黄緑色の部Img_8000gimp 分(上の写真)が黄色に変化した(下の写真)。
あと一週間このまま置いても大丈夫だろう。

樹に残した1個も色が濃くなってきたが、そのまま置いておこう。

[追加11/21] 台所の2個は、ちょっと柔らかくなってきた。もう干し柿は無理である。収穫後一週間が限度であった。樹に残したのは、まだ固いようである。
[追加11/22] 柔らかくなった台所の2個は干し柿に出来ないので、買ってきたサントリーオールドに柿のヘタ部を浸してからビニーImg_8020gimp ル袋に入れて、空気を抜いてから封をした。暖房をしない玄関の寒い所に置いた。



[追加11/30] 一週間経過したので味見してみた。
Img_0034gimp 切ってみたら種がひとつもない。不思議だ!
味は良いのだが、部分的に渋が残っている感じがする。
何でだろう?今後の課題にしよう。
二個目を切ってみたら、これも種が無い。思わず、「嬉しい!」だ。

[追加12/02] 樹に残していた最後の一個を収穫した。
Img_0040gimp 形が悪くて、横から見る(写真)と"いびつ"になっている。
柔らかくなっていなかったので、来年から12月初旬まで収穫を遅らせることができる。
これは、干し柿にしよう。

«年に一度の通院

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31